【マイル事後加算】キャセイパシフィック航空搭乗分をアラスカ航空に事後加算してみました。

年々無理してまでワンワールドエメラルド資格を維持しなくても良いかなという気分になっており、モザンビーク発世界一周航空券の残りのフライトは加算率が非常に高いアラスカ航空に加算することにしました。

f:id:fura-fura:20170926172128j:plain

さっそく先日の香港往復のうち、往路は航空券をスキャン、復路はモバイルチェックインで航空券がなかったため、キャセイパシフィック航空からメールで送られてきたQRコード付きの航空券をスクリーンショットで保存してメールに添付してお問い合わせしてみました。
 
どのくらいの速さで加算されるのか確かめようと、マイル関係の部署(mileage.plan@alaskaair.com)にメールを送ったのが9月25日の夕方

特にメールの返信はありませんでしたが、翌26日の夕方に確認するとすでに加算されていました。JALより圧倒的に早いですね笑

f:id:fura-fura:20170926170445p:plain

スポンサーリンク

 

 上の画像にあるようにアラスカ航空ではキャセイパシフィック航空のファーストクラス(F・Aクラス)に加算した場合、飛行マイルの350%も貯まります。

f:id:fura-fura:20170926170652p:plain

また、JALでも同様に350%

f:id:fura-fura:20170926170824p:plain

ブリティッシュ・エアウェイズではFクラスで500%!、Aクラスで450%!となります。

f:id:fura-fura:20170926171001p:plain

しかし、何故かアメリカン航空ではFクラスでもわずか200%しか加算されません。

f:id:fura-fura:20170926171153p:plain

世界一周航空券ではコードシェアで便名を選択することができるので、アメリカの国内線でも出来る限りブリティッシュ・エアウェイズ便名を選んで加算したいものです。
 

スポンサーリンク